春日部の家族葬・葬儀は恵心堂

tel

ご葬儀の実績

2018/04/17

春日部家族葬の費用ってどのくらい?

「お葬儀」と聞いて一番不安な事はなんでしょうか。

名称未設定 2

当社に寄せられるご相談の中で最も多いのが費用に関するものですが、お葬儀は普段生活をしていく中で身近に関わる話しではありませんので、一般的に「お葬儀の相場」が頭の中に入ってる人はほとんどいません。

ましてお葬儀の費用という物は葬儀社各社によって表記の方法が違ったり、何が必要で何が不要かなど、ご家族様によっても変わってきますので、お客様が行う場合の「お葬儀料金」という物を把握しておかなければ事前準備の意味が無くなってしまいます。

 

今の時代、ホームページに葬儀料金を載せていない葬儀社を探す方が困難なくらい、各社「料金」を明記していますが、お葬儀の性質上、供物(祭壇横に飾るお花や盛籠)、「返礼品」(会葬者様への香典返し)、お料理(通夜振る舞いやお清め、精進落としといわれるお食事)は完全にお客様ごとに異なる費用となりますので、料金表に正確に明記する事は難しい分類にあたります。

 

☆家族葬の費用は比較的事前把握しやすい?

一般的なお葬儀は故人さまが生前お世話になった方や、ご近所の方たちがご会葬に参りますので、そうした会葬者の人数をある程度予測して、返礼品やお料理を用意しておきますが、実際には予測通りの会葬者人数とはいかないものです。

お客様と打ち合わせをしている際、よく「おじいちゃんの時には山ほど料理が残っちゃったから…」などの話しを聞きますが、これに関してはある程度仕方が無い事とも言えます。勿論、お料理の占める割合は意外と大きいのでなるべくなら無駄にはしたくないものですが…

しかし家族葬の場合には会葬者は親族のみになります。従って人数はほぼ確定する事が出来ますので、お料理も簡単に決定出来ますし、足りない事も残る事もほぼないといえるでしょう。

 

☆☆恵心堂の事前見積りは、ご請求書と同じになるよう心がけております☆☆

お見積りと請求書の金額が1円たりとも差が発生しないというのは絶対的な安心が得られます。本来、見積りとはそういう物でなければいけないと思いますが、お葬儀となるとどこか心配ではないでしょうか?「なんだかんだ言っても結局は高くなるんでしょ、」と思う方は少なくないと思います。

 

お葬儀とは少し関係ありませんが、当社においても建物の修繕で見積りを取る寄せるケースがよくあります。時に大掛りな工事の見積りなどでは、最終的な請求金額は見積もりより増している事がこれまでに幾度とありました。ただこれは、実際に作業をしていく中でどうしても事前には分らなかった追加工事などが加わったりするので仕方が無いと思います。もちろん途中の段階で説明はして頂けますが、工事は一度始まると逆戻り出来ないので結局は言われた通りお支払いするしかないのですが…

 

しかし、お葬儀にはそういった性質の物はなく、途中で突発的に必要となる費用の無い、とてもシンプルなものなのです。

にも関わらず費用面の事を心配されるお客様が多いのは葬儀に対する印象がきっとそういうものだからだと思います。

 

もう1点「1つ1つの単価が高額なものが多いから…」

もちろんその物にもよりますが、何かを追加するとなりますと大体が万単位で変わってきますので、合計となると十万単位で費用が変わってくる事もあります。

実際に高額にならざるを得ない物が多いのは事実ですが、それがお客様にとって本当に必要かどうかは冷静に判断された方が良い思います。

 

「葬儀担当者に進められると断り辛い…」なんて方も比較的多いのではないでしょうか?

中には「こんな時に金額の事を気にするなんて…」と思われる事に恥かしさを感じる方も多いのではないでしょうか?

少なくても恵心堂でお葬儀をさせて頂くお客様に限ってはこの2つだけはどうぞ気になさらないで下さい。

 

確かにお葬儀はお金を掛ければ掛ける程、目に見える部分は豪華で立派になります。しかし、費用の不安を抱えたままではその満足度はどうしても下がってしまいます。他人の目を気にしないで出来るというのも家族葬のメリットです。お客様ごとのスタイルで本当の意味で良いお葬儀にして頂ければ良いと思います。

 

春日部の家族葬 恵心堂 葬儀費用

「①家族葬の葬儀費用」+「②お料理代」+「③返礼品」+「④供物(お花など)」+「⑤お布施」=家族葬費用の総額となります。

この中で必ず必要な物は実は①家族葬の葬儀費用だけなのです。

 

先ずは通夜を行う2日葬にするのか、それとも通夜を行わず葬儀告別式のみの1日葬にするのか?

「①家族葬の葬儀費用」※下記の金額には病院などへのお迎えや、安置室の安置料(何日間でも)、ご遺体の状態を保つドライアイス(何回でも)、棺や骨壷などお葬儀に必要な物全て、式場の使用料、火葬料、の全てを含んでおります。

2日葬・・・358,600円(税込)(内訳:葬儀料291,600円+式場料50,000円+火葬料10,000円+待合室料7,000円)

1日葬・・・290,400円(税込)(内訳:葬儀料248,400円+式場料25,000円+火葬料10,000円+待合室料7,000円)

 

「②お料理代」※お食事はどうされるのか?

ryo

恵心堂ではお料理の持込みに対しても制限を設けません。※但しお料理の持込みの場合、配膳係が付きませんので片付け等はお客様自身でお願い申し上げます。持込みはお客様も意外に手間が掛かると思いますが、これまでにも持込みで対処されたお客様は沢山いらっしゃいます。又、通夜であれば19時頃には式が終わりますのでそれから外で食事をする方法を選ぶ方もいらっしゃいます。告別式の日であっても同じです。

このように自由に決められる所も家族葬ならではのメリットです。

 

 

 

「③返礼品」※お香典のお返しについてお考え下さい。

her

 

頂戴するお香典の平均を5,000円と仮定して、その半分をお返しとして考え2,500円~3,000円の物を準備される方が多いです。

事前に用意した返礼品は使用した分だけのご精算となりますので、余った返礼品はお引き取り致します。

又、家族葬では「家族だけだから」という事で返礼品を用意しないケースも多くありますので、その場合は返礼品の費用を考えなくて大丈夫です。

 

 

 

「④供物」※全体の費用に比較的大きく関わります。

1452

 

ご存知の通り祭壇の脇などに飾るお花や盛り籠です。喪主様のお名前や親戚一同、その他、会社関係、ご友人様からも出して頂けるのが供物です。

打ち合わせの際、お客様から「大体どのくらい出せば良い物なのでしょうか?」という質問がよくあります。

恵心堂では、お客様に実際の写真で、全く飾らずに常設の白木祭壇だけの場合、2基の場合、4基の場合、8基・・・とお客様に見て頂きます。

先程も言いましたが、お花に関してもお金を掛ければ掛ける程立派になるかもしれませんが、その分費用も大幅にUPしてきます。

 

「⑤お布施」

お葬儀をお勤めくださるご住職様、宮司様などにお支払いする費用です。

お布施の額については菩提寺やお付合いのある宗教者様へご確認下さい。

菩提寺がない方は弊社にてご紹介する事も可能です。

※「無宗教なのでお坊さんは呼ばなくて結構です」というご遺族様もいらしゃいます。

 

以上をご覧頂くと葬儀費用の構成を少しお分かり頂けたと思いますが、葬儀費用を複雑化しているのは実は料金表示してあるはずの①葬儀費用です。この中に何が含まれていて、何が追加費用なのかをしっかりと把握しなければならず、且つそれは冒頭述べた通り、葬儀という非日常的な内容の為、すぐに思い当たる事ではありません。

 

以前、当社へお客様からこんな質問のお電話を頂戴しました。「この金額の中には帷子は含まれてるの?」*帷子=白装束(仏衣)名称未設定 1

もちろん含まれておりますのでその旨お伝えしましたが、それは当社のホームページにも載ってます。しかしホームページを隅から隅まで目を通しているお客様の方が少ないと思いますのでこのような質問はあって当たり前です。

しかし、お客様が「搬送料」でもなく「安置料」でも「ドライアイス」でもなく『帷子』(が含まれているのか?)というのは少し珍しい事でした。(その後、こちらのお客様のお葬儀を当社でお手伝いさせて頂く事となりましたが、実はお客様、2年前に他社様でお葬儀を行った経験がございました)

その時に『帷子』で何があったのかはお聞きしませんでしたが、2年前にお葬儀をあげている喪主様だからこそ、細かい部分まで頭に入っていた事と思います。このように、通常含まれていると思う物がもし別途料金だったら。そう心配されるお客様も少なくないのではないでしょうか?

 

春日部の家族葬は地域最安値の恵心堂にお任せ下さい。

24時間昼夜問わずご相談をお受け致しておりますので、お葬儀に関する心配事はどんな事でもお気軽にお電話下さい。

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
恵心堂
http://keisindou.jp/
住所:〒344-0038 埼玉県春日部市
大沼4-37-1レジデンス第一1F
TEL:0120-333-953
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇